ジャンプが送り込んだ第二の矢!アニメ「呪術廻戦」がとんでもねえことになっているぞ

呪術廻戦 漫画アニメ
スポンサーリンク

10月からTVアニメがスタートしたジャンプが送り込んだ第二の矢「呪術廻戦」がとんでもねえことになっていると話題です。

ネットでは「作画すげー」「OPもEDもカッコいい」「ヤバすぎる」といった声が寄せられています。

スポンサーリンク

TVアニメ「呪術廻戦」がとんでもねえことに

10月からTVアニメがスタートしたジャンプが送り込んだ第二の矢「呪術廻戦」がとんでもねえことになっていると話題です。

ネットでは「作画すげー」「OPもEDもカッコいい」「ヤバすぎる」といった声が寄せられています。

ネットの反応

TVアニメ「呪術廻戦」を見たネットの反応を見てみましょう。

名無しさん@GOOD
呪術廻戦はすごいよね、アニメがとんでもない出来で。
名無しさん@GOOD
「やー今回もアニメ化に力入れたなー」ぐらいで最初見てたんですが、本誌との連動がヤバすぎて、どんだけ綿密に計画練ったのかと震えてます
名無しさん
呪術廻戦は作者が鬼なんだよなぁ。サクッと人死ぬし
名無しさん
鬼滅の刃 続々とキャラが死ぬ 呪術廻戦 続々とキャラが死ぬ チェンソーマン 続々とキャラが死ぬ
名無しさん@GOOD
呪術廻戦のアニメで好きになったって人は絶対原作読んだ方がいい。理解度が上がって5倍くらい面白くなるから
名無しさん@GOOD
これはもうそろそろ領域展開社会現象発動しますなぁ

 

「呪術廻戦」は第2の「鬼滅の刃」となるか?

呪術廻戦は、人間の負の感情から生まれる「呪い」をテーマにした作品で、呪いが具現化した「呪霊」と「呪術師」との戦いを描いたバトル漫画です。

そして、登場人物がとても多く、それに加えて「呪力」「術式」「反転術式」「領域展開」「縛り」「天与呪縛」…などなど、劇中で使われる専門用語がとても多いのが特徴です。

登場人物の相関関係や専門用語を理解するとかなり面白い内容なのですが、ぶっちゃけ勉強が必要なレベルです。

大ヒットしている鬼滅の刃も人食い鬼と鬼殺隊の戦いを描いたバトル漫画で、登場人物も多く「〇〇の呼吸」「血気術」などの専門用語がありますが、それよりもかなり複雑です。

呪術廻戦はストーリー的には十分に面白いのですが、キッズには呪術廻戦の専門用語を理解するのは、かなり至難の業ではないでしょうか?

これをクリアできれば第2の鬼滅と成りうる要素は十二分に含んでいると思います。TVアニメ版の呪術廻戦がヒットするかどうかは、ここに掛かっているのでは?


 

TVアニメ「呪術廻戦」の作画は本当に素晴らしいですね!原作漫画よりも分かりやすくて面白いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました