1. TOP
  2. グルメ料理
  3. もうすぐバレンタインデー!今年は手作りチョコとビスケットのトリュフに挑戦

もうすぐバレンタインデー!今年は手作りチョコとビスケットのトリュフに挑戦

もうすぐバレンタインデー!今年は手作りチョコとビスケットのトリュフに挑戦

今年ももうすぐバレンタインデーがやってきます。

市販のチョコレートも手軽でお勧めですが、今年は手作りチョコレートとビスケットのトリュフに挑戦してみてはどうでしょうか?

簡単に作れる手作りチョコレートとビスケットのトリュフの作り方をご紹介します。

聖バレンタインはチョコレートを贈るのか?

バレンタインデーは正式には聖バレンタインといい、世界中の恋人たちが愛の告白をする日です。「女の子が男の子へ」「贈り物の基本はチョコレート」という決まりごとは日本だけのものなんです。

ヨーロッパやアメリカなどでは、バレンタインデーに男性が女性にお菓子や花束などをプレゼントすることも珍しくありません。

日本では、本命の好きな人以外に贈る「義理チョコ」、女の子が女の子に贈る「友チョコ」と言ったプレゼントも生まれました。

バレンタインデーの前には、お店に色とりどりのラッピングがされたチョコレートが並びます。種類がたくさんあって、あれこれ悩んでしまいそうですね。

だからこそ今年は手作りチョコで勝負をしてみてはいかがでしょうか。

手作りチョコレートの作り方

チョコレートを手作りするときに欠かせないのが、テンパリングという下ごしらえの作業です。テンパリングをしないと売っているようななめらかで口当たりの良いチョコになりません。

温度の調節に気を使いますが、家の人に手伝ってもらって、ぜひチャレンジしてみてください。

  1. チョコレートを細かく刻みます。
  2. ボールに50℃くらいのお湯を入れ、別のボウルに入れた①を重ねます。温度計で熱を測りながら、溶けるまでヘラでかき回します。
  3. ②が40~45℃になったら、水の入ったボウルにつけます。静かにかき回しながら27~28℃に下げます。
  4. 最後にまたお湯のボールに2~3秒つけて30~31℃にあげます。これでテンパリングが終了です。
  5. あとは好きな型に入れて冷蔵庫で固めて完成です。

茶色いチョコと白いとこでは作り方が異なります。茶色いチョコに比べホワイトチョコは口どけがよく磨くならないのが特徴です。また、ホワイトチョコを使う場合は、1~2 ℃低めの温度で作業するのがコツです。

ビスケットのトリュフの作り方

トリュフという高級な黒いキノコに建てたチョコレートのお菓子です。ビスケットのサクサクとした歯触りが楽しめます。

<材料(約20個)>

  • ミルクチョコレート130g
  • 生クリーム40ml
  • ビスケット7枚
  • はちみつ小さじ1
  • アーモンドスライス適量
  1. 生クリームとはちみつを電子レンジで温めます(500Wで1分くらい)。
  2. テンパリングしたミルクチョコレートを①に入れて混ぜます。
  3. 細くしたビスケットを②に入れます。
  4. スプーンで2~3cmの大きさに作って、パラフィン紙をしていたバットに並べ、手で丸めて形を整えます。
  5. アーモンドスライスを敷いたお皿の上で④を転がしてアーモンドを周りにつけます。
  6. ⑤冷蔵庫で1時間ぐらい冷やして完成です。

まとめ

バレンタインデーの始まりはいくつかの説があり、はっきりとはわかっていませんが、ローマ帝国の頃だと言われています。

聖バレンタインの祝い方は各国で異なりますが、今年のバレンタインデーは手作りチョコとトリュフで本命の男の子に愛を告白してみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

東奔西走見聞録の注目記事を受け取ろう

もうすぐバレンタインデー!今年は手作りチョコとビスケットのトリュフに挑戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東奔西走見聞録の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東奔西走見聞録

東奔西走見聞録

話題のニュースとネットの反応をまとめたキュレーションメディア。

関連記事

  • 【GoToイート】ポイントで無限に寿司が食える「無限くら寿司」を公式サイトが公開!

  • ファミチキ100円セール開催中!ファミチキを使ったアレンジレシピもご紹介

  • はなまる、丸亀、吉野家の各サイズと量を比較!ココイチ基本300gのボリュームが凄かった!

  • バーガーキングのフライドポテトバーガーが話題に!これ絶対うまいやつやん!!!

  • おせち料理に込められた奥深い意味とは?三段の重箱に詰めるコツもご紹介

  • 家飲みビールをおいしく飲むコツ!鮮度と注ぎ方で樽生に匹敵する旨さ