1. TOP
  2. 話題のニュース
  3. 【悲報】日本の小学校の運動会、フィンランドの学校校長からダメ出しされてしまう…

【悲報】日本の小学校の運動会、フィンランドの学校校長からダメ出しされてしまう…

ザザー

日本の小学校の運動会がフィンランドの学校校長からダメ出しをされ話題になっています。

ネットでは「オリンピック全否定かよ」「生きるとは競争」「比べる必要性ある?」といった声が寄せられています。

小学校の運動会、フィンランドの学校校長からダメ出し

日本の小学校の運動会がフィンランドの学校校長からダメ出しをされ話題になっています。

小学校の運動会で順位をつけていることについて、フィンランドの学校校長は「正直がっかりです」と発言。 さらに「運動はそもそも良いものなのに子供達を競わせることで、運動が得意ではない子は縁という烙印を押されてしまいます。」と続けました。

ネットでは「オリンピック全否定かよ」「生きるとは競争」「比べる必要性ある?」といった声が寄せられています。

ネットの反応

フィンランドの学校校長の意見に関するネットの反応を見てみましょう。

フィンランドは学力世界一

世界最年少の首相の誕生など最近何かと注目を浴びるフィンランドですが、OECD主宰の国際学力テスト「PISA(国際学習到達度テスト)」では常に上位にランクインしており、高い教育水準をもつ国とされています。

2004年には読解力、科学部門で1位、数学では2位、問題解決力では3位にランクインし、名実ともに学力世界一の国に輝きました。

また、フィンランドはスポーツをする人口も世界一だそうです。

フィンランドの体育の授業は「スポーツを楽しむこと」にフォーカスしており「体育の目的はその子が生涯スポーツを通して健康を維持する」ことを目的としています。

評価の基準も「スポーツができたかできなかったか」ではなく「友達と協力できたかどうか」などの基準があり「子供達に好きなスポーツを見つけてほしい」と考えているそうです。

そのため、様々なスポーツをする機会が地域コミュニティの中でたくさん生まれ、ほとんどのスポーツに無料で参加することができる仕組みが出来上がっているのです。

こうしたスポーツコミュニティーは、子供達にとって友人たちと触れ合う「第2の居場所」になっているそうです。

世界から置いてきぼりにされ後進国に成り下がった日本の教育はこのままでいいでしょうか…


 

フィンランドは1人あたりGDPも日本より高く、とくに子供たちのプログラミング教育では日本と比べ物にならないくらい、はるか先を行っています。日本の教育もフィンランドから学ぶべき点は多くあるのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

東奔西走見聞録の注目記事を受け取ろう

ザザー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東奔西走見聞録の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東奔西走見聞録

東奔西走見聞録

話題のニュースとネットの反応をまとめたキュレーションメディア。

関連記事

  • 名作映画「風と共に去りぬ」は人種差別的?米動画配信サービスが配信を停止

  • 三菱自動車、500人規模の希望退職募集へ「優秀な人材がいなくなる」「未来はない」

  • WHO「日韓は政治争い回避を」!新型コロナに関連する入国制限の掛け合い

  • 中国企業が安倍首相含む世界の要人240万人の個人情報を収集!豪メディアが伝える

  • IR汚職事件の秋元司衆議院議員が4回目の逮捕!「まだ議員だったのか」「どこまで腐ってんの?」

  • 楽天オコエ選手、過去の差別体験を語る「ベランダから飛び降り生まれ変わったら普通の日本人になれるかな」