1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. 1日3分でできる簡単な瞑想のやり方!脳をリフレッシュさせて前向きな自分になろう

1日3分でできる簡単な瞑想のやり方!脳をリフレッシュさせて前向きな自分になろう

1日3分でできる簡単な瞑想のやり方!脳をリフレッシュさせて前向きな自分になろう

忙しい毎日でも1日たったの3分でできる瞑想のやり方をご紹介します。

誰にでもできる簡単な瞑想の方法ですが効果はバツグンです。ストレスや疲れを感じている人は、ぜひ、お試しください。

Sponsored Link

瞑想は心の化学

瞑想と聞くと宗教や思想を連想する人がいるかもしれません。ですが、もともと瞑想というのは2500年前のインドでブッダが考え出した心の化学です。

そのインドでは現在でも日常的に瞑想を行う人がとても多く「健康になれる」「幸せな気分になれる」と、その効果を実感しています。

また、現代ではヨガや日本の座禅をルーツにしてアメリカでマニュアル化された「マインドフルネス」と呼ばれる瞑想法も確立されてました。

GoogleやApple、Facebookといった大手IT企業を筆頭に、社員の健康や仕事の効率化のために車内でマインドフルネスを行う会社も少なくありません。

1日3分でできる瞑想のやり方

それでは、1日3分でできる瞑想のやり方を見てみましょう。

  1. あぐらをかいて座るか、リラックスできる椅子に腰掛ける。
  2. 背筋をしっかり伸ばし、目を閉じます。
  3. アゴを軽く引いて、舌は上あごにつけます。
  4. 肩の力を抜いて体をリラックスします。
  5. 手のひら重ねて親指を合わせ股間に置くか、手のひらを上に向けて膝の上に置きます。
  6. 鼻からゆっくり息を吸い、ゆっくり息を吐きます。
  7. 呼吸のことだけを意識しながら、3分間の瞑想を続けます。

瞑想のポイントは雑念をすべて忘れ、とにかく呼吸のことだけに意識を向けることです。

瞑想の第一人者であるブッダも「意識して息を吸い、意識して吐く。こうすれば大きな効果がもたらされる」という言葉を残しています。

ヨガの世界では、さまざまな呼吸法を用いて、高い次元での瞑想を行う達人もいますが、まずは誰にでもできる瞑想から始めてみるのが良いでしょう。

呼吸に意識を向けると起こる変化

呼吸に意識を向けるとどのような変化が起こるのでしょうか。

2010年に発表されたハーバード大学の論文では、およそ20分の瞑想を8週間(2か月)続けた結果、脳の海馬の石灰質の濃度が増え、小脳や脳幹が増加したと報告されています。

海馬には脳内の記憶データを前頭前野などの脳の各部に伝える重要な役割があります。

しかし、脳へのストレスが増えるとこの海馬が小さくなってしまことも分っており、それが心の病を引き起こす原因になっているという意見もあるのです。

つまり、瞑想で海馬を再び活性化させることができれば、心の病にも有効ということです。

瞑想時は脳からシータ波が出ている

脳がリラックスしてる時にはアルファ波、活動的な時はベータ波が出ていますが、瞑想時にはシータ波と呼ばれる脳波が出ていることが解ってきました。

シータ波は浅い睡眠時に出る脳波または夢を見ている時に出る脳波と言われており、人が夢を見るのは睡眠時に海馬が記憶の整理をしているときにでるシータ派が影響しているという説もあるのです。

つまり、瞑想中にシータ波が出るのは、呼吸だけに集中することで前頭前野からの指令が海馬に伝わらないからだと推測されているのです。

脳は1日に18万7000項目もの情報のやり取りを行っており、考えていないことのほうが難しいと考えられています。

脳はいまだに解明されていなことが多い分野ですが、瞑想によってシータ波を引き出すことで、幸せな気分になれるのかもしれません。

まとめ

故スティーブジョブズ氏をはじめ有名な実業家のなかには日常的に瞑想を行っている人は少なくありません。

自分自身の能力を最大限に引き出し、心を健康に保つために瞑想はとても有効な手段です。

ぜひ2020年は瞑想をはじめてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

東奔西走見聞録の注目記事を受け取ろう

1日3分でできる簡単な瞑想のやり方!脳をリフレッシュさせて前向きな自分になろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東奔西走見聞録の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東奔西走見聞録

東奔西走見聞録

話題のニュースとネットの反応をまとめたキュレーションメディア。

関連記事

  • 【お年玉の相場】年齢別に子供にあげるお年玉の相場を調べてみた!

  • 学生向け20万円給付金の条件が「厳しすぎる」とお嘆き方へ!学生向け支援は他にもあるぞ!

  • 睡眠不足を解消したい!良質な睡眠で免疫力を上げればコロナ対策にも最適

  • なんでそーなるの?WHOは本当に信用できる組織なのか???

  • とある経済学者「一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ」が話題に!

  • 5月の第2日曜日は母の日!日頃の感謝を込めてギフトを贈ろう