鬼滅の刃キャラ考察!常に明るさを忘れない「恋柱・甘露寺蜜璃」

甘露寺蜜璃 漫画アニメ
スポンサーリンク

恋柱・甘露寺蜜璃は、ときめきを原動力に戦う強く優しいお姉さんキャラです。鬼滅隊の中で最強の実力を誇る9人の柱のなかでも、甘露寺だけは全く違ったオーラを発していますね。

そんな恋柱・甘露寺蜜璃のキャラ考察をしてみましょう。

スポンサーリンク

ときめきが原動力の「甘露寺蜜璃」

恋柱・甘露寺蜜璃は、近寄りがたいオーラを放つ9人の柱の中で、ひとりだけまったく異なるオーラの持っています。

甘露寺は炭治郎だけでなく鬼である禰豆子のことも妹のように可愛がっています。また初対面の玄弥に対しても「初めましてこんにちはぁ 大きいね~」「何歳ですか?」など率先して話しかけています。

刀鍛冶の皆さんとも打ち解けているようでしたし、おそらく行きつけの食事処の店員ともわきあいあいと談笑しているに違いありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ufotable(@ufotable_inc)がシェアした投稿

・名前:甘露寺蜜璃(かんろじみつり)
・年齢:19歳
・特徴:ピンクと黄緑色の髪、ニーハイソックス
・出身地:東京府麻布區板倉(港区麻布台)
・公式人気投票:12位

恋柱である甘露寺は”キュン”という胸の高鳴りが彼女オリジナルの「恋のキュー」の源であるのは確かです。

ですが、甘露寺の原動力は恋心だけというわけではないのでしょう。仲間たちへの親愛や親方様への敬愛、さまざまな愛が甘露寺蜜璃の原動力になっていると思われます。

また、甘露寺といえば伊黒さんとの関係も気になるところです。最新話では鬼舞辻無惨との死闘の後、甘露寺が伊黒さんの手の中でお互いが愛を告白するシーンが話題になりましたが、その後の二人の消息は未だに描かれていません。

甘露寺が伊黒さんの運命も気になるところですね。

甘露寺にとっての鬼滅隊とは

鬼狩りを目的とする鬼滅隊に甘露寺が入隊した動機は「添い遂げる殿方を見つけるためなの!!」でした。大抵のことでは動じない炭治郎でも、この時ばかりは呆れてしまっていました。

ですが、看護師がこの入隊理由を抱くに至るまでの道のりは、何ともほろ苦いものでした。

変わった髪色や常人の八倍もの筋肉の持ち主である甘露寺は、過去に「普通じゃないこと」を理由に婚約破棄されています。

いったんは周囲が求める”普通”という枠組みに自分を当てはめようと努力した甘露寺でしたが、新たに縁談が持ち上がった時に「私のままの私が居られる場所って、この世にないの?私のこと好きになってくれる人はいないの?」と疑問を抱くようになるのです。

現代よりも「普通はこうあるべき」という固定観念が強く残っていた大正時代において、周囲に足並みを揃えるため、本当の自分を隠して生きることは当然のことだったのでしょう。

そのような時代に生まれながらも「こんなのおかしいよ」と違和感を覚える、更には自分らしく生きていける場所を見つけた甘露寺。そんな彼女の考え方や生き方は、作中の登場人物だけでなく、現代を生きる私たちも共感し勇気づけられているのです。

甘露寺蜜璃の「恋の呼吸」

鬼滅隊には特異体質者が数名存在しており、甘露寺もその一人です。常人の八倍の筋肉量を持つ甘露寺は、1歳2か月のときに15kgの漬物石を持ち上げていたと言います。

これだけ聞くと甘露寺はパワー型の剣士のようですが、実際の戦闘スタイルは”剛”というよりは”柔”。豊富な筋肉は、破壊力というよりエネルギータンクとして戦いを支えているようです。

また、鞭のようにしなる甘露寺の日輪刀は、新体操のリボンを連想させる形状です。彼女が使用する恋の呼吸では、 柔軟な体としなやかに曲がる刀を駆使したアクロバティックな技が多い印象です。

とくに「伍ノ型・揺らめく恋情・乱れ爪」では、流れるようなバク転をしながら技を繰り出しており、甘露寺の優れた柔軟性があってこそ成立する技だと言えるでしょう。

もう一点注目したいのが、甘露寺の防御スタイルです。通常、相手に攻撃された際には、攻撃そのものを避ける、刀で受ける、自分も技を繰り出し相殺する…などで身を守りますが、甘露寺の場合は、長くしなる日論刀で”相手の攻撃を斬る”という手法で敵の技を無効化します。

半天狗が「攻撃事態を斬りおった」と驚いていた様子から察するに、技を斬ると言う甘露寺の防御法は非常に珍しいものなのでしょう。

甘露寺蜜璃の人物像

 

この投稿をInstagramで見る

 

ufotable(@ufotable_inc)がシェアした投稿

甘露寺蜜璃といえば、隊服のボタンが窮屈な胸元やピンク色の髪などたくさんのチャームポイントがありますが、1番は”左右の泣きぼくろ”ではでしょうか。

甘露寺は左右の目の下にひとつずつほくろがありますが、実は両目に泣きぼくろがある女性は非常にモテるのだそうです。

本編では伊黒さんに慕われていますし、スピンオフのキメツ学園でも「異性にモテモテだが本人は気付いておらず彼氏が欲しいと思っている」と紹介されています。このことからも、蜜璃ちゃん人気の高さがうかがえます。

ちなみに、右目のほくろは恋愛運と結婚運の高さ、左目のほくろが男性への理解力を表しているとのことです。どちらも甘露寺にはぴったりでには。


 

鬼滅の刃「恋柱・甘露寺蜜璃」のキャラ考察をしてみました。最後の戦いとなる無惨戦では、伊黒さん共々、瀕死の重症を負ってしまいましたが、2020年4月の段階では生死は不明です。 甘露寺と伊黒さんは生きて幸せになって欲しいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました