星野源「ドラえもん」新OP映像が「何だかグッとくる!」と大評判

星野源の「ドラえもん」新OP映像が「何だかグッとくる!」と大評判 漫画アニメ
スポンサーリンク

テレビ放送40周年を突破した国民的人気アニメ「ドラえもん」。星野源さんが歌う「ドラえもん」で流れる最新オープニング映像が「オシャレすぎ!」「何だかグッとくる!」と話題になっています。

スポンサーリンク

星野源さんが歌うドラえもん新OPテーマとOP映像

2018年の映画「ドラえもん のび太の宝島」のエンディングテーマでもあった星野源さんが書き下ろした「ドラえもん」が、2019年10月からの放送時間変更に合わせテレビシリーズ「ドラえもん」のオープニングテーマになり、同時にオープニング映像も一新されました。

そして、星野源さんの「どどどどどどどどどっどードラえもん」に合わせて、バックで流れるスタイリッシュなオープニング映像が話題になっているのです。

音楽とぴったりシンクロしたリズミカルな映像、ポップでカラフルな色使い、シルエットなどの技法を生かしたスタイリッシュな画面は、おしゃれでモダンな雰囲気の中にしっかり「ドラえもん」らしさを感じることができます。

「ドラえもん」という作品はもちろん面白いのですが、どこか泣ける作品でもあり、それがOP映像の中からもしっかりと感じ取ることができるのです。

オープニングディレクター依田伸隆氏

現在放送中のドラえもん新OPを手がけたのが、数々のアニメ作品のオープニングやエンディング、PVで高く評価されている映像ディレクターの依田伸隆氏と10GAUGEです。

依田伸隆氏と10GAUGEは「おそ松さん」「モブサイコ100」「Dr.STONE」…などなど数多くの作品に携わっていますが、その名を一躍有名にしたのがあの大ヒット映画「君の名は。」の予告編ではないでしょうか。

「君の名は。」特報

そして、今回のドラえもん新OP映像では「ドラえもん」で育った世代への愛やリスペクト、最新かつ挑戦的なセンスも軽々と受け入れる「ドラえもん」という作品の奥深さ、そこから生まれ多幸感がたまらない映像作品になっているのです。

まとめ

ドラえもん新OPでは今風のオシャレ感もありつつ「ドラえもん」らしさもしっかりあって「ドラえもん」への愛を強く感じる映像です。

せっかくなので毎週土曜日夕方5時からリアルタイムでチェックしてみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました