1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. ブログに何を書けばいいのかわからない時は?少しだけ視点を変えてみよう!

ブログに何を書けばいいのかわからない時は?少しだけ視点を変えてみよう!

ブログに何を書けばいいのかわからない時は?少しだけ視点を変えてみよう!

ブログを始めたけれど何を書けばいいのかわからないという人は少なくありません。

しかし、少しだけ視点を変えてみるとスラスラと文章が浮かんでくるかも…。

ブログに何を書こうか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

ブログは鎌倉時代からあった?

鎌倉時代にブログが存在していたと聞けば、誰もが驚くのではないでしょうか。

しかし、兼好法師(吉田兼好)が残した日本三大随書のひとつ「徒然草」は、現代で言うところの雑記ブログ(のようなもの)だったのです。

「つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」 これは鎌倉時代末期にまとめられた「徒然草」の書き出しにあたる随筆です。

徒然草は古典文学として学校の教科書でも紹介されているので、名前ぐらいは聞いたことがあるという人も多いはずです。

そして、この有名な一節を現代の言葉に訳すと… 「退屈にまかせて、朝から晩まで、硯(すずり)と向かい合って、頭に浮かんでくる他愛もない事柄を、とりとめもなく書き綴っていると、怪しげなものになってしまった。」 という意味になります。

随筆とは自分の見解をありのままに綴った文章のことで、それを集めた徒然草は「まとめブログ」のようなものです。 さしずめ兼好法師はカリスマブロガーといったところでしょうか。

あしながおじさんへの手紙

ブログは「日記」だと理解している人が多いと思います。

なぜなら、ブログは「Weblog」の略であり、WebページにLog(記録)を残すという意味なので、日記と考えるのが最も分かりやすいからです。

ですが、ブログは「手紙」あるいは「随筆」と考えてみてはどうでしょうか 。 手紙と日記には大きな違いがあります。それは相手がいること。

有名な児童小説「あしながおじさん」は、少女ジュディが会ったこともない「あしながおじさん」に、その日の出来事や自分の思いを手紙にして送る物語でした。

たとえ、1日の出来事を書く場合でも、相手がいるといないでは、その内容が大きく違ってきます。 誰かに向けて文章を書くときは「相手はどう思うだろう」と考えます。そして、相手ばかりではなく「自分はどう考えているんだろう」と、自分のことをきちんと考えなければいけません。

もしあなたが、ブログに何を書いていいのかわからないと悩んでいるのなら、ジュディのように「あしながおじさん」に向けて手紙を書いてみたらどうでしょうか。

少しだけ視点を変えてみるだけで、ブログがスラスラと書けるようになるかもしれませんよ。

まとめ

ブログは手紙を書くように 大切なことはあなたがジュディになることです。

ブログに何を書いていいか分からない時は、あしながおじさんに向けて手紙を書くと決めて、自分のまわりを見てください。

きっと世界がちがって見えてきます。

\ SNSでシェアしよう! /

東奔西走見聞録の注目記事を受け取ろう

ブログに何を書けばいいのかわからない時は?少しだけ視点を変えてみよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

東奔西走見聞録の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

東奔西走見聞録

東奔西走見聞録

話題のニュースとネットの反応をまとめたキュレーションメディア。

関連記事

  • オンライン飲み会の利用者が急増中!LINEやZoomで仲間とパーティーを楽しもう!

  • 100均ダイソーのお掃除グッズ!出費が増える年末の大掃除に大活躍

  • 悪口を言う人ほど不幸になる科学的根拠「悪口は楽しい」「人の不幸は蜜の味」

  • 桐谷美玲の妊娠を受けて三浦翔平がインスタで暗号めいたイラストを投稿!解読してみると…

  • 【急げ!】今ならファミマでチキンラーメンのひよこちゃんエコバックがもらえるぞ!

  • 2019年冬のボーナス!働く女性の最も多い支給額は〇〇万円