新型コロナウイルスによって引き起こされる経済恐慌の可能性!?

新型コロナウイルスによって引き起こされる経済恐慌の可能性!? ちょっとした記事
スポンサーリンク

中国武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は今や日本国内の問題に発展しています 。

東京オリンピックの開催も危ぶまれるなか、すでに日本経済は大打撃を受け始めています。

新型コロナウイルスによって経済恐慌が起こる可能性はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

新型コロナが引き起こす経済恐慌の可能性!?

新型コロナウイルスの感染拡大は私たちの健康だけでなく、経済をも確実に蝕み始めています。

国際民間航空機関(ICAO)によれば、感染拡大による中国からの観光客の減少により、日本の観光業界は2020年第1四半期だけで約1兆4000億円の減収になると見込まれています。

出典:TRAICY「新型コロナウイルス、日本の観光収入に約1.4兆円の影響 ICAO暫定予測」

すでに新型コロナウイルス関連で倒産する企業も出ており、中国からの団体ツアーのキャンセルは相次いだことが原因です。

また、日本人の間でも中国人客と同じ宿に泊まることを避ける動きがあったり、修学旅行などの団体旅行もキャンセルが相次いでいるようです。

政府から緊急融資などの対策もありますが、宿泊料金も下げざるを得ないのが現状で、資金繰りに行き詰まる業者も出てくる可能性があります。

さらに、宿泊先不足を補う存在として注目された民泊も同じような状況です。夏に東京オリンピックが開催されても当初予定したほどの訪日客は見込めないでしょうし、撤退を視野に入れているオーナーも少なくないようです。

民泊撤廃の動きはすでに広がっており、地域掲示板「ジモティー」には民泊の営業権の譲渡先を募集する書き込みが急増しています。なかには無料という物件もあるほどです。

旅行業、土産物店、市場、百貨店も影響大

新型コロナウイルスによる負の影響は、旅行会社、土産物店、市場、百貨店、居酒屋、イベント関連産業などにも甚大な被害をもたらしています。

1月末に中国政府が海外への団体旅行を禁止して依頼、日本国内でツアーバスやガイドを手配するインバウンド旅行会社はほとんど仕事がなくなっています。加えて関連する全国各地の土産物屋や外国人に人気の市場からも人が消えています。

鹿のいる奈良公園からも観光客が消え、鹿せんべいを食べられなくなった鹿たちはJR奈良駅まで食べ物を探しに来ているようです。

かつては中国人観光客で賑わっていた銀座三越の免税フロアも閑古鳥が鳴いており、中国人向けの高価格帯の商品はまったく売れない状態のようです。

自粛ムードも大きな影響

新型コロナウイルスによる飲み会などの自粛ムードは、居酒屋などの飲食店にも広まっており、2月の売り上げは軒並み通常の半分以下というお店も少なくありません。

なかでも桁違いの損失となりそうなのはイベント業界です。政府がスポーツや文化イベントの開催中止延期を要請したことで騒然としています。

何か月も前から準備をしていたイベントなどは目も当てられません。この状態がしばらく続けばイベント関連企業は次々と廃業に追い込まれる可能性もあります。

まとめ

消費増税と暖冬の影響で2019年の第4四半期は年率換算で6.3%のマイナス成長となった日本。さらに、今期は新型コロナウイルスの影響でGDPのマイナス成長は確実です。

感染者を増やさないことをとても大切なことです。しかし、経済がさらに冷え込んで自殺者が増えたのでは笑い話にもなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました