マスクの高額転売だけじゃなかった!感染が拡大する裏で繁盛している業種とは?

マスクの高額転売だけじゃなかった!感染が拡大する裏で繁盛している業種とは? ちょっとした記事
スポンサーリンク

緊急事態宣言で多くの企業や店舗が営業を自粛せざるをえない状況が続いています。

しかし、こうした状況になったからこそ繁盛している業種があるのです。

大きな声では言えませんが、そんな儲かっている業種をまとめてみました。

スポンサーリンク

感染が拡大する裏で繁盛している業種

相変わらずマスクの品薄が続いてはいるものの、マスクの高額転売は政府の指導によって一時期のようなひどい状況は落ち着いてきているようです。

さらに、政府の緊急事態宣言によって、自粛を余儀なくされる企業や店舗が相次いでおり、新たな問題もクローズアップされています。

とはいえ「風が吹けば桶屋が儲かる」という日本語のことわざがあるように、ある事象の発生により、一見すると全く関係がないと思われる場所・物事に影響が及ぶことがあり、こうした状況になったからこそ繁盛している業者があるのです。

大きな声では言えませんが、そんな業種をまとめてみました。

テレワークの需要拡大によるIT関連企業

3月25日の緊急記者会見で小池都知事が「重大局面です。できるだけ仕事は自宅でお願いしたい」と要請してから、テレワーク導入の件は爆発的に高まりました。

テレワークには自宅のネット環境が必須のため「モバイルルーター」などの代理店が大忙しのようです。また、「ウェブカメラ」や「ヘッドセット」などの商品は売上も確実に伸びています。

デリバリー需要の高まる飲食業

宅配ピザの「ドミノピザ」は、正社員200名アルバイト5000人を新たに採用すると4月2日に発表しました。生鮮食品宅配の「オイシックス・ラ・大地」でも、注文が殺到しているため一部サービスの新規入会を停止しています。

このようにデリバリーサービスのある飲食業が好成績のようですし、自炊意識の高まりからレトルト食品やふりかけなどの需要が増えているようです。

自宅トレーニング器具の売り上げが急増

家にこもりがちな生活のストレスを発散するため、ゴムチューブやダンベルといった自宅トレーニング用グッズが売上を伸ばしています。

ジムに行けなくなったので自宅でトレーニングを始める人が急増しているようです。

また、自宅トレーニング動画を上げるユーチューバーも急増しています。

整形手術をするなら今がチャンス?

大掛かりな整形手術になると「ダウンタイム」という術後の腫れが引く期間を設けないといけません。ですが、今世間は外出自粛中ですし、外に出るときもマスク着用も不自然ではありません。

そのためダウンタイムがあっても困らないというわけで整形手術希望者が殺到しているようです。

まとめ

地上波のニュース情報番組では緊急事態宣言による負の部分ばかりをクローズアップしていますが、こうした状況になったことで繁盛している企業や店舗があるのです。

マスクの高額転売のように困っている人の足元をみたビジネスと、困っている人達を助けるためのビジネスでは大きな違いがあることを、改めて実感できるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました