【祝】漫画「呪術廻戦」シリーズ累計発行部数が1500万部を突破!14巻カバーも公開

両面宿儺 漫画アニメ
スポンサーリンク

漫画「呪術廻戦」がシリーズ累計発行部数が1500万部を突破し、1月4日発売の14巻カバーが公開されました。

ネットでは「おめでとー」「早く重版して」「宿儺様カッケー」といった声が寄せられています。

スポンサーリンク

漫画「呪術廻戦」累計発行部数1500万部を突破

漫画「呪術廻戦」がシリーズ累計発行部数が1500万部を突破し、1月4日発売の14巻カバーが公開されました。

ネットでは「おめでとー」「早く重版して」「宿儺様カッケー」といった声が寄せられています。

ネットの反応

漫画「呪術廻戦」累計発行部数1500万部突破に関するネットの反応を見てみましょう。

名無しさん@GOOD
やっばやっばやっば…カッコよすぎ…
名無しさん
本屋さんに行って既巻一冊も無いので、早く重版して頂きたいです。年末年始読みたい漫画No.1です
名無しさん@GOOD
ひゃーー!!待ちきれません!確実に買うために希望休取りました!!!
名無しさん@GOOD
やっぱり14巻は宿儺様やった!かっけえなー!!
名無しさん@GOOD
宿儺カッケェ!

 

アニメ「呪術廻戦」はネクスト鬼滅となるのか?

最近では情報番組などでアニメ「呪術廻戦」が「鬼滅の刃」の次にくるアニメと紹介されることが少なくありません。

この2つの作品の共通点といえば、週刊少年ジャンプに連載されている(いた)ことや、ダークファンタジーものであるということで、作品のテーマやストーリーは全く異なるものです。

残酷なシーンは多いものの、比較的分かりやすいストーリーが子供からの多くの支持を集めた「鬼滅の刃」 に対し、 残酷なシーンにくわえ呪いに関わる難しいキーワードが多く散りばめられた「呪術廻戦」を子供が理解することは難しいのではないかと思われます。

そのため「鬼滅の刃」ほどのヒットは期待できないにせよ、「ドロヘドロ」や「進撃の巨人」などグロい表現を得意とするMAPPAの神作画が「呪術廻戦」の世界観を見事に描いていることに多くの人気を集めていると言えるのではないでしょうか。

呪術ファンの中には鬼滅と比べられることを不快に思う人も多いと思いますが、1人でも多くの人に呪術の面白さが伝わればいいなと思います。


 

呪術キッズが現れ「領域展開!!」などと言い出す日が来るのでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました